ご案内

ホーム > 年中行事 > 盂蘭盆会施餓鬼法要

盂蘭盆会施餓鬼法要

(うらぼんえせがきほうよう)

日時:8月18日 午後1時

 

旧暦の7月15日は盂蘭盆会を行います。

この行事の由来は、『お釈迦(しゃか)様の弟子である目連(もくれん)尊者(そんじゃ)が亡くなったお母さんに会いに行くと、食物を食べれない餓鬼の世界でお母さんが苦しんでいた。その母を救おうとお釈迦様に相談し行くと、雨季の間3ヶ月間、寺に籠もって修行している僧侶の修行が終る7月15日に食べ物や衣服などを供養すれば、母は天国に往くことができると説かれたと…。』

この話が説かれている盂蘭盆(うらぼん)経(ぎょう)が根拠です。

それが日本にきて変化し、7月13日~16日にご先祖様が家に帰ってくるという行事になりました。今はその期間も延びてお盆の1ヶ月くらい前から、お寺によってはお盆参りが行われています。

関西では8月をお盆の月としています。

これは僧侶の修行が終る日が、インドの暦では7月15日、中国の暦では8月15日であり、関西では農繁期(のうはんき)を避けた8月のほうが都合がよいので、中国暦を採(と)ったからだと思われます。

当寺では8月18日に施餓鬼法要を行い、先祖供養を行います。

  • 縁起
  • 法話集
  • 年中行事
  • お問い合わせ
  • 詳しいアクセス