万代山 大日寺

万代山 大日寺は兵庫県神戸市にある真言宗御室派に属する寺院です

きえぬべき ほうのひかりの ともしびを かかぐるわだの みさきなりけり 西行法師
「万代山 大日寺 ばんだいさん だいにちじ」は兵庫県神戸市にある真言宗御室派に属する寺院です。

嘉応元年に平清盛公が開山したと伝えられるお寺です。
水子供養・先祖供養や祈祷のみならず、日常生活の中で多くの方に守られ、親しまれています。

更新情報

  • 2015/07/28

    ホームページを更新しました。

大日寺よりお知らせ

8月・9月の年中行事

8月18日午後1時 盂蘭盆会施餓鬼法要<うらぼんえせがきほうよう>

※説明

9月26日午後1時 秋季彼岸結願理趣三昧法要<しゅうきひがんけちがんりしゅざんまいほうよう>

※説明

法話

万代山 大日寺の成り立ち

  • 當寺縁起

    當寺縁起

    當寺は平安時代後期の嘉応元年(1169)、平清盛公が和田岬に僧侶千人を集めて大輪田泊と瀬戸内航路の海上安全の為に萬灯会を行い法華経を転読した時に、灯篭堂として創建され、その年から春と秋の年2回、千僧供養が行われていました。承安二年(1172)の春には後白河法皇が行幸され、千人の僧侶と読経し、この時に西行法師も参列し“きえぬべき法のひかりの灯(ともしび)をかかぐる和田の御崎なりけり”と詠っております。また、鎌倉時代の弘安八年(1285)8月に西大寺興正菩薩叡尊が来山し、菩薩戒を972人に授け、遊女1700余人に持斎戒を授けられました。

  • 住職ごあいさつ

    皆さまが、息災であられますようにお祈り申し上げます。
    大日寺住職 弘圓